脂肪燃焼サプリ最強ランキング

脂肪燃焼サプリの最強ランキングはコレ!運動前の効果的な飲み方と市販の脂肪燃焼サプリとの比較。

【脂肪燃焼サプリの効果】ダイエットに効果的な方法

脂肪燃焼サプリが効くメカニズムは?

脂肪燃焼サプリのようなダイエットサプリのメカニズムは3つあります。

脂肪がたまっていくのは、燃焼しきれずに余ったエネルギーが肝臓で中性脂肪に変えられるからです。

脂肪燃焼サプリでこの中性脂肪の合成を阻害することが重要です。

体内に既に蓄積されてしまった脂肪は、なかなか分解できません。

そこで脂肪燃焼サプリで分解を促進すると脂肪が燃えやすくなります。

また、脂肪を燃やすためには褐色脂肪細胞の力が不可欠です。

この褐色脂肪細胞の燃焼する力を脂肪燃焼サプリでサポートすることで脂肪がどんどん燃えていきます。

脂肪燃焼サプリ女性におすすめ

女性は内蔵脂肪より皮下脂肪で悩んでいる人が多いです。

女性が皮下脂肪が多いのは、妊娠するという生物学上の理由があります。

皮下脂肪は体の外と内の断熱効果があり、お腹の赤ちゃんを冷気を守る役割があるからです。

最近は、腹筋女子や筋肉女子といった筋トレに命をかける女性が増えてきていますが、このような女性たちはダイエットというより美への追求という傾向があります。

単にダイエット目的なら女性は筋肉がつきにくいので、脂肪を燃焼させる方が効率的です。

若い女性のダイエットサプリ

若い女性は、代謝が良くダイエットサプリだけでも比較的効果があります。

また、普段からモデル体型の芸能人を目にすることが多く、無理なダイエットや痩せすぎの問題があります。

もちろん太りすぎも健康的に良くないのですが、若い女性の目標体重は健康を害するレベルなので気を付けたいです。

あまりに酷い場合は拒食症やその反動で過食症になるので注意が必要です。

40代女性のダイエットサプリ

40代の女性の体質は急に基礎代謝が落ちるので、20代、30代であまりダイエットに縁がなかった人もダイエットをする必要が出てきます。

つまり最も太る時期であり、代謝の低下で痩せにくい状況なので、本気で痩せたいと思う女性が多いです。

また、更年期障害に悩まされている女性は、エストロゲンの減少により基礎代謝が低下し、脂肪がつきやすくなっていしまします。

脂肪燃焼サプリと並行して、運動と食事制限をしていく必要があります。

50代女性のダイエットサプリ

40代の女性に比べて、さらに50代の女性は代謝が落ちていきます。

中高年の女性は更年期と呼ばれるので、基礎代謝が下がり、脂肪が燃焼しにくくなっていきます。

また加齢により筋肉量も下がっていきます。

筋肉の量が減るという事は相対的に脂肪が増えるという事なので、本気で減量に取り組んでいくひつようがあります。

また、運動も無理ないレベルでやらないと足腰やひざを痛めるので注意が必要です。

無理なく痩せるように少しずつ運動量を増やしていきましょう。

脂肪燃焼サプリは男性におすすめ

最近の筋トレブームで体を引き締めたいという男性が増えています。

特にデスクワークの男性は日ごろから運動不足になりがちなので、ガチ痩せを希望して減量ダイエットをする傾向があります。

帰宅後にランニングをする男性の見かけることも増えてきました。

便利な世の中になった分、昔に比べて現代人は、運動量が減るので脂肪燃焼サプリに頼るのもよいかもしれません。

ただ、どんな脂肪燃焼するダイエットサプリを選んでも効果があるわけではありません。

効果がなんらかの形で実証されているものを選ぶ事が大事です。

一般的に、薬局で売っている市販のサプリメントはあまり効果があるものはありませんので、シボヘールのような栄養機能食品を選ぶと良いと思います。

ダイエットサプリにおすすめ!男性の効果

男性は女性と比べて内臓脂肪がつきやすいです。

いわゆるメタボの大きな原因になっているのが内臓脂肪です。

いったんメタボ体型になってしまうとなかなか痩せにくい体質になってしまいます。

脂肪燃焼のためのダイエットサプリが必要になってきます。

ダイエットサプリも何種類かあり、その中でも脂肪燃焼サプリをおすすめします。

ダイエットサプリの口コミ/男性

体重が大台を超え糖尿病の判決が下ってしまったので糖質制限と供に飲み始めました。かなり徹底的に炭水化物を排除していましたのでこのサプリだけの効果ではないと思いますが翌年の健康診断ではヘモグロビンA1cの数値も健常値、ウエストも10cm引き締まったので満足しています。(46歳、男性)

引用元:ダイエットカフェ

40代になると男性も当然、代謝が下がってきます。

ほおっておくと糖尿病の判定を受けることもあるようです。

そんなときにダイエットサプリを利用すると良いと思います。

2か月飲み続けました 運動や食事制限は一切なし 体重は微妙に増えました これを飲んでからあまり太らなくなった気もするので一応、効果があったのかな? 他の方もあまり効果が出てないみたいなのでとりあえず、3ヶ月でストップして様子を見ます(38歳、男性)

引用元:ダイエットカフェ

シボヘールのようなダイエットサプリもただ飲むだけでは痩せません。

あくまで食事制限と簡単な運動を組み合わせる必要があります。

ダイエットサプリも利用方法を守らないと効果を発揮できず、効かないってことになります。

ダイエットサプリ若者におすすめ

Amazonや楽天などの通販のランキングで若者向けのダイエットサプリがありますが、若者は代謝が良いので不要かと思います。

あまり激しくない運動で十分です。

また、10代は、異性の目が気になって過度に体型を気にしていますが、成長に必要な栄養素もあるので注意が必要です。

ダイエットサプリ学生に本当に効く

ダイエットサプリを探している中学生、女子高生、大学生は多いです。

しかし、痩せやすい体質の10代にダイエットサプリが本当に必要でしょうか。

本来は太っていないのに、体型に関する過剰すぎるこだわりがほとんどです。

本当に肥満を解消するレベルは少ないと思います。

薬局などで中学生も変えるので、くれぐれも成長に必要な栄養素が不足するような成分は避けましょう。

ダイエットサプリ大学生に人気のもの

大学になるとそれまであまり美容や体型に興味がなかった子もおしゃれをする子が増えます。

恋愛をしたり、異性の目が気になったり・・・。

反対に人間関係で悩んでしまってストレスによる過食で痩せたいという人もいます。

その場合は肥満の解消が必要です。

根本的解決のためには、ストレスの元を断ち切る必要があるので、ダイエットサプリに頼る前にすることはあるかと思います。

ダイエットサプリ10代におすすめ

中高生でも飲めるダイエットサプリが売られていますが、果たして本当に必要なのでしょうか?

将来、母や父になるための生殖機能の発達などの成長はこの時期に行われるので、そこに必要な栄養素をダイエットのために取らないのは深刻に事態を引き起こすかもしれません。

また、代謝が良い10代では、よっぽどでない限り太る事はありません。

ストレスによる食べすぎなどが理由であることが多いので、むしろストレスの原因をなんとかする方が先の気がします。

ストレスを消すことができないのなら、ダイエットサプリの効果に過剰な期待しないで、自分なりのストレス解消をしていきましょう。

ダイエットサプリ20歳におすすめ

性別 男性 女性
年齢(歳) 基礎代謝量

(kcal/日)

基礎代謝量

(kcal/日)

1〜2 730 660
3〜5 920 840
6〜7 1020 910
8〜9 1140 1040
10〜11 1330 1240
12〜14 1550 1350
15〜17 1570 1270
18〜29 1520 1180
30〜49 1520 1140
50〜69 1380 1100
70以上 1230 1030

引用元:グリコ

20代前半と20代後半で基礎代謝の違いはほとんどありませんので、基礎代謝の減少が原因で太るとは考えにくいです。

20代前半の同級生のコミュニティーと違い、仕事上で年上の人や同僚と会食が増えることがあります。

仕事上の理由で外食が続くとついついカロリー過多になってしまう人も多いです。

体質は、リンゴ体型、バナナ体型、洋ナシ体型があり、それぞれに応じてダイエット方法が異なります。

ダイエットサプリ30代におすすめ

女性の場合は30代から少しずつ基礎代謝が悪くなっていきます。

また、加齢によって筋肉も少なっていきます。

つまり痩せにくい体質になっていくという事になります。

もっとわかりやすく言えば、20代の時と同じように食べていると太りやすくなります。

とくに男性は内臓脂肪がつきやすくなり、ぽっこりお腹になっていきます。

ダイエットサプリ30代後半におすすめ

30代でも当然後半の方が痩せにくくなっていきます。

加齢による代謝の低下と筋肉量の減少による脂肪燃焼が減るので仕方がないことです。

女性の場合は、本来は40代になってから更年期が始まりますが、まれに30代からなる人もいます。

更年期はさらに太る原因になります。

これは年齢によるものではなく、ストレスや疲労、不規則な生活が続いて自律神経がバランスを崩し、エストロゲンが減少したせいです。

脂肪燃焼サプリ40代は最も太る年齢

引用元:http://www.l-carnitine.jp/carnipure_land/about/basal_metabolism.html

40代は、30台に比べてさらに脂肪燃焼が減っていきます。

若い時は、スタイル抜群でもなかなか維持するのは難しくなってきます。

特に女性は40代になるとおよそ5%の方が更年期障害になります。

エストロゲンが減ることにより生理不順が乱れます。

それにともなって様々な症状を引き起こします。

痩せにくくなるのもその1つです。

ダイエットサプリ40歳で本気で痩せたい

痩せにくい40歳は、運動と食事制限だけでなんとかならないこともあります。

そこで脂肪燃焼サプリを併用して使うと良いです。

特に葛の花由来のイソフラボン入りのサプリメントは機能性表示食品と呼ばれ、科学的根拠が証明されたものです。

ダイエットサプリ50代で本気で痩せたい

50代のダイエットサプリで成功するポイントは、科学的根拠があるかどうかです。

販売ページに機能性表示があるかを確かめて選んでみてください。

減量成功のためには、40代よりさらに代謝が落ちているので食事制限は必須です。

消費カロリーが摂取カロリーを上回らないようにすると効果的にダイエットできます。

それでも無理なら脂肪燃焼サプリを利用してみてください。

ダイエットサプリ60代で痩せる方法

50代を60代はそこまで基礎代謝は変わりません。

ただ加齢による筋肉量の減少が起きますので、相対的に脂肪が増えてしまいます。

また、60代になると女性はほぼ100%の方が更年期症状に悩まされます。

自律神経失調症状により、冷えて、なかなか脂肪が燃焼しません。

絶対にやめてほしいダイエット方法は無理な運動です。

負担が大きい運動もできませんので、負担が少ない運動と併用してやはり脂肪燃焼サプリを利用していきましょう。

 

 

脂肪燃焼する運動と食事の改善

運動前の効果で健康的に痩せることができます。

脂肪燃焼のメカニズムを知って効果的な食事をするのが良いです。

運動後の食事の改善をすることが食事のコツです。

筋肉を増やすトレーニングより有酸素運動の方が脂肪燃焼が促進できます。

エアロバイクを購入すれば、自宅で運動することも可能です。

脂肪燃焼の運動と飲み物でおすすめ

運動中にのむべきドリンクはアミノ酸入りのものです。

アミノ酸を摂取すると脂肪燃焼酵素が活性され、ダイエット効果を高める飲み物として最適です。

他には酵素ドリンクも代謝アップとしておすすめです。

脂肪燃焼の運動と水分のメカニズム

脂肪燃焼のために水が必要な理由は代謝をあげるメカニズムだからです。

脂肪燃焼を含むエネルギーの発生に水は必須です。

いわば脂肪分解水とも言えるかもしれません。

脂肪燃焼は細胞のミトコンドリアで行われますが、脂肪や老廃物を運搬できるのは、水が細胞内に豊富に含まれる媒体になっているから。

ということで水は代謝に関して重要な役割をしてます。

脂肪燃焼の運動と効果的なお茶

脂肪燃焼ダイエットに効果的なお茶を飲むタイミングは、運動前に飲みましょう。

運動の30分前が効果的です。

脂肪燃焼の運動とカフェインの効果

カフェインには脂肪燃焼効果があると言われています。

そのメカニズムは、カフェインにはリパーゼという酵素を活性化させる働きがあります。

リパーゼは、代謝をあげるために必要不可欠な酵素です。

またカフェインダイエットには褐色脂肪細胞を活性化させる働きもあります。

この褐色脂肪細胞の働きで脂肪燃焼をしていきます。

カフェインが効率よく働くのは、有酸素運動です。

運動前に飲むと良いでしょう。

脂肪燃焼運動は空腹状態が良い?

脂肪燃焼に有効な有酸素運動は食後が一番効率が良いです。

食事によって摂取したカロリーが体脂肪として蓄積される前に有酸素運動によって消費するからです。

空腹時の運動は脂肪燃焼によいと諸説ありますが、必ずしも空腹時が良いとは思えません。

有酸素運動のタイミングで脂肪燃焼が変わるので、どうせなら効率的にやっていきたいですね。

脂肪燃焼の運動と食べ物で痩せるもの

運動時の食事によっては、効果的に痩せることができます。

脂肪燃焼と相性の良い食べ物があるのです。

たとえば、ブロッコリーです。

脂肪燃焼するために、理想的な食べ物がブロッコリーです。

ブロッコリーに含まれるクロムというミネラルが脂肪燃焼する作用があると言われています。

また、ヨーグルトに含まれる「ガセリ菌SP株」という成分は脂肪を燃焼する効果があると言われています。

しかし、毎日ブロッコリーやヨーグルトをとるのはとても面倒ですし、大変です。

同じ食材ばかりでは飽きてしまいます。

そこで、脂肪燃焼サプリをおすすめします。

とくに機能性表示食品になる葛の花由来イソフラボン入りのサプリメントをおすすめします。

脂肪燃焼の運動/効率よく糖質を減らしたい

ダイエットのための運動のコツは、効率よく脂肪を燃焼させることです。

有酸素運動と脂肪燃焼サプリメントを併用することで脂肪がどんどん燃えます。

ランニングや自宅での筋トレなど様々な方法があります。

アミノ酸系のダイエットドリンクも組み合わせるといいですね。

脂肪燃焼の運動/炭水化物の必要性

ダイエットには、炭水化物や糖質制限を制限するのが効果的と言われていますが、完全になくしてしまうもとかえって痩せにくくなります。

炭水化物は、実は、脂肪燃焼のために必要ですので、炭水化物を制限しすぎるとも痩せない人になってしまいます。

効果的に脂肪を燃やすためには、ある程度の炭水化物が必要です。

極端な糖質制限をすると脳が飢餓状態と勘違いして、いろいろな栄養をため込んでしまうため炭水化物不足になってしまいます。

 

 

脂肪燃焼の筋トレと体脂肪の関係

脂肪燃焼には有酸素運動が有効と言われていますが、脂肪燃焼効果を高めるために筋トレは効果抜群です。

筋肉を増やすことで相対的に脂肪を増やす事ができますし、筋トレをするだけで脂肪は燃えています。

筋トレをすることで基礎代謝が向上するので痩せた後も、リバウンドしにくい体になります。

脂肪燃焼筋トレの痩せやすいメニュー

痩せるための筋トレメニューは基礎代謝をあげるようなものが良いです。

基礎代謝は筋肉の量に応じてあがっていくので、一度に広い面積の筋肉が鍛えられる筋トレのメニューが良いです。

言い換えると大きな筋肉から鍛えるとも言えます。

また、大きな筋肉を鍛えるとその筋肉を保持するための小さな筋肉も同時に鍛えることになります。

一般的には、下半身の筋肉が大きくお尻の筋肉は最も大きな筋肉の1つです。

下半身は自重を支えるために上半身より大きな筋肉が多いです。

スクワットで大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリング、ベンチプレスで大胸筋、上腕三頭筋などを鍛えると良いでしょう。

脂肪燃焼の筋トレと有酸素運動

脂肪燃焼の効率を上げるために、筋トレと有酸素運動を組み合わせると良いです。

どっちが先かというと筋トレが終わった後に有酸素運動の順番が効果的です。

理由は筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンのおかげで、血糖値があがり、体脂肪が分解されます。

分解された体脂肪を有酸素運動で燃やすという流れが最適です。

脂肪燃焼の筋トレの回数

脂肪燃焼のための筋トレの回数は人よって違います。

週1回の場合、週2回の場合、週3回の場合を一概には言えません。

それは人それぞれ、筋肉量、体力、生活習慣、筋肉がつく場所が違うからなんです。

極端なことを言えば、マラソンランナーと一般人が同じ筋トレメニューをするのはおかしいですよね。

筋トレの回数に答えはありませんが、限界から1歩踏み込んだ回数ということになるかもしれません。

低付加高回数ダイエットなんていうのもあります。

最初は週1回も辛いかもしれません。

徐々に強度回数を増やしていくと良いでしょう。

めざせ代っと筋トレ回数女、痩せる筋トレ男。

脂肪燃焼の筋トレ@自宅トレーニング

タバタ式トレーニング

立命館大学スポーツ健康科学部、学部長の田畑泉教授が発案した日本生まれのトレーニング法「タバタプロトコル」は、高強度の運動と休憩を繰り返し行う高強度インターバルトレーニング法の一種で、今海外で大人気のプログラム。

運動の終わったあとでも12時間ほど続けてエネルギー代謝の高い状態を保ち、カロリー消費の促進、筋力や持久力のアップ、心肺機能の向上などあらゆる効果を1日たったの4分で得られることから、アスリートだけでなくダイエットや健康目的の一般の方まで、幅広く多くの方に実践されています。

方法はいたって簡単で、「ややきついと感じるくらいの高強度の運動を20秒間行い、その後10秒間休む」これを8回繰り返すだけ!(30秒×8=4分)人によって「ややきつい」と感じる運動はさまざまでしょうが、腿上げやスクワットなどを20秒間全力で行った後に10秒間休んで息を整えます。

引用元:allabout

ポイントは、20秒間、自分の最大限の力で休まず行うことがです。

20秒が休憩付きで4分。

そうすることでなんと1時間自転車を漕いだ時(有酸素運動)と同じ運動効果と言われています。

サーキットトレーニング

筋肉を大きく使う運動と、短いインターバルを交互に取り入れて、心拍数を適度に保ったまま継続して行う有酸素運動のことです。

引用元:http://www.bodies.jp/program/circuit_training/detail/

サーキットトレーニングは、筋トレと有酸素運動を組み合わせてやるトレーニングです。

メニューによっては自宅で取り組むこともできます。

例えば、自宅では自重トレーニングとダンベルトレーニングで十分です。

ダンベルは簡単筋トレダイエットの代表格です。

HIIT(高強度インターバルトレーニング)

HIITの特徴は、一定時間きつい筋トレをすることによって筋肉中の糖を消費し、トレーニング後、長時間にわたって脂肪が燃焼しやすい状態を維持することにある。大きい筋肉を使うので、脂肪燃焼量を一気に増やすことが可能

引用元:nikkei

hiitもサーキットトレーニングの1つです。

筋トレと有酸素運動を組み合わせることで痩せにくい体質の方も効率的にダイエットできます。

脂肪燃焼効果は有酸素運動の6倍以上です。

自宅でも気軽にできるのhIItは今後ますます人気になっていきそうです。

高強度インターバルトレーニング(こうきょうどいんたーばるとれーにんぐ、英: High-intensity interval training, HIIT, HIT)とは、高強度間欠的運動 (HIIE) や スプリントインターバルトレーニング (SIT) や VO2maxインターバルトレーニング とも呼ばれ、インターバルトレーニングの拡張形で、不完全回復をはさみながら高強度・短時間の運動(無酸素運動)を繰り返すトレーニング方法である。高強度インターバルトレーニングは心血管運動の一種である。一般的な高強度インターバルトレーニングは合計4〜30分程度である。この短時間の負荷の高いトレーニングは運動能力を向上させ、グルコース代謝を改善し、脂肪を燃焼させる

引用元:wikipedia

高強度インターバルトレーニングのHIITは、ランニングメニューを考え、最適なランニングマシンを使って短期間で効率的なサーキットトレーニングの1つです。

HIIT(高強度インターバルトレーニング)の特徴の1つが脂肪燃焼効果です。

HIITは有酸素運動の6倍の脂肪燃焼効果があると言われています。

そして最大のメリットが脂肪燃焼がHII終了後も数時間は持続するという事です。

効果期間がずっとつづくトレーニングはなかなかないです。

完全なHIITでなくてもエアロバイクとスクワットを組み合わせるなど有酸素運動と筋トレを順番におこなうことで、工夫次第で消費カロリーは飛躍的にあがります。

脂肪燃焼サプリ筋肉と体脂肪

筋トレによって体脂肪を減らすことができます。

筋トレには大きく分けると2つの目的があり、いわゆる見せるための筋肉のための筋トレとダイエット目的の筋トレがあります。

体脂肪を効率的に減らうためには筋トレやトレーニングだけでなく、脂肪燃焼サプリと組み合わせると良いです。

特に機能性表示食品の葛の花由来イソフラボンが配合されているサプリメントがおすすめです。

脂肪燃焼サプリと筋肉維持

筋トレとトレーニングを組み合わせることで筋肉の増量だけでなく、筋肉維持も可能になってきます。

筋トレは、毎日やるより週3回など回数を制限して筋肉が育つ期間が必要です。

ダイエット目的なら筋トレと組み合わせて燃焼系のサプリを飲むとより効率的です。

またBCAAも運動時のとると筋肉のとって重要なアミノ酸になっているので一緒の摂取すると良いです。

脂肪燃焼サプリと筋肉増強

筋肉増強に重要なポイントの1つに脂肪の吸収を抑えることがあります。

ヒマワリの種や牛肉などに含まれている「共役リノール酸」(CLA)をとると、確かに体脂肪だけが落ちる。ノルウェーのScandinavian臨床研究所、Betanian医療センターなどが共同で、1年間にわたり実施した180人参加のプラセボ対照試験の結果で明らかになった。CLAに体脂肪のみを減らす効果があることは、3カ月間のヒト試験で確認されていたが、1年間使っても効果が続くことがわかったのは初めて。研究結果は、「American Journal of Clinical Nutrition」誌6月号に掲載された。

引用元:nikkei

筋トレだけでなく、共役リノール酸が体脂肪が落ちるコツです。

体脂肪が減るという事は、筋肉の量が増えるというメカニズムですから。

 

 

脂肪燃焼サプリと運動で効率よく痩せる

運動強度によって糖(炭水化物)の燃焼が優位になったり、脂肪(脂質)の燃焼が有利になったりします。

下のグラフを参考に運動強度を設定しましょう。

運動強度は40%~70%をキープすると脂肪燃焼効率が良いです。

引用元:エプソン

自宅で有酸素運動や筋トレ、トレーニングなどをする人が増えたのは、昔と比べて交通機関が発達し、通勤や通学でカロリーを消費することが少なくなったからだと思います。

脂肪燃焼サプリの販売サイトにも食事と運動を併用することで脂肪が燃えると書いてありました。

脂肪燃焼の仕組みやメカニズムをしっかりと理解して、最適な運動を食べ物を選択して体脂肪を短い時間で効率よく痩せましょう。

脂肪燃焼運動ランキング

痩せる運動ランキングは、有酸素運動が一番です。

脂肪燃焼サプリは、カロリー消費の高い運動にこだわる必要はありません。

脂肪燃焼運動の種類/効果的なトレーニング

脂肪燃焼する運動にはいくつかの種類があります。

激しい運動より有酸素運動などの持続的な運動が脂肪燃焼には向いています。

ランニングと筋トレを組み合わせるような運動メニューのサーキットトレーニングも有効です。

食事制限をしつつ脂肪燃焼サプリを利用するとさらに効率的に脂肪燃焼してダイエットできます。

脂肪燃焼運動/ウォーキングは20分以上

脂肪燃焼運動のウォーキング(有酸素運動)は効果的な時間や距離を知る必要があります。

脂肪燃焼の効果が高い30分とすると通常の速さで2.4km、早歩きで3.6kmと言われています。

長ければいいというものではなく、続けることがポイントです。

効率よく痩せるためには正しい歩き方で脂肪燃焼サプリのシボヘールなどを併用すると良いです。

脂肪燃焼運動/縄跳び

脂肪燃焼運動として縄跳びを選ぶ人もいます。

やり方によってはたった10分で30分走ると同じ運動効果も得られます。

ダイエットメニューとしてもトレーニング効果も得られ、カロリーはしっかり消費できます。

なわとびは全身運動で、体脂肪燃焼効果のある有酸素運動でもあり、消費カロリーは体重50kgの成人女性が10分間跳んだ場合で60~70kcal。この数値はその他の有酸素運動の中でも高いほうです。

体脂肪を燃焼させたい場合は、20分以上の有酸素運動が必要というのが以前の認識でしたが、現在では連続10分程度が有酸素運動の効果を得られる最低ラインの時間だと言われています。ですので、1日たったの10分のなわとびでも、脂肪燃焼効果が期待できるのです。たった10分間なわとびを跳ぶだけなら、ちょっとスマホやテレビを見る時間を回せばOK。忙しくてジムに通うことができない人にもできますね。

引用元:https://cancam.jp/archives/568953

脂肪燃焼運動/ジム

ジムダイエットも最近ははやっていますね。

雨でも関係なくできるし、筋トレと有酸素運動(マシン)を組み合わせることで効率的に脂肪燃焼ができます。

もちろん、ジムに通っても痩せない人もいますので、その場合は、プライベートジムがおすすめです。

プライベートジムを利用する人も増えてきて、昔のようにただ単に筋トレを楽しむより、若い女性を中心に美容やダイエット目的の人が増えてきましたね。

本気で痩せたいかたは、ジムと脂肪燃焼サプリを併用すると良いと思います。

脂肪燃焼運動/ジョギング

脂肪燃焼運動としてジョギングは効果があり過ぎだと言われています。

30分以上走ると脂肪が燃えて効率よくダイエットできます。

ただ、ジョギングがつらい人は、ウォーキングの方が良いかもしれません。

脂肪燃焼するためには、有酸素運動の走り方ではなく続けることの方が重要です。

毎日ジョギングする方が効果はありますが、負担に感じるのであれば、ウォーキングでも問題ありません。

ランニングはジョギングより負担があるので、脂肪燃焼するためには向いていないと言われています。

ジョギングは全身運動なので痩せる部位は特にはなく、全身が脂肪燃焼して痩せていきます。

脂肪燃焼運動/風呂

運動後のお風呂は痩せないといわれていますが、それは運動後直後の話です。

30分間は休んで入浴すれば問題ありません。

脂肪燃焼の運動後の30分間は体を動かさなくても脂肪は燃えています。

この期間にお風呂にはいると燃えている脂肪に悪影響を会えます。

体脂肪を分解させて、燃焼を促進するリパーゼの働きは、筋肉の温度が高い時に盛んに働いています。

しかし、入浴によって筋肉をあたためすぎてもリパーゼの働きは鈍くなります。

やはり入浴は運動後最低、30分は待つ必要があります。

入浴だけでなくリパーゼのことを考えるとシャワーもなるべくなら避けた方がよいです。

脂肪燃焼運動/短時間の自宅有酸素運動

脂肪燃焼運動を短時間で効果を感じるためには、食事制限、脂肪燃焼促進させるための筋トレ、脂肪燃焼サプリメントを組み合わせると良いと思います。

筋トレは、広い面積を鍛えるためにスクワットがおすすめです。

20分ぐらいの時間がとれれば有酸素運動と脂肪燃焼サプリだけでも良い気がします。

本格的にやるならタバタ式トレーニングやHIITも検討してみてください。

脂肪燃焼運動/短期間の効果的なコツ

脂肪燃焼のために有酸素運動と金徳だけでは短期間に脂肪を落とすのは厳しいです。

そこで脂肪燃焼スープの出番です。

脂肪燃焼スープダイエットは、野菜で作ったスープを食べるダイエット方法です。

たくさんの野菜によって血液がサラサラになって、代謝がアップします。

材料(7皿分)

■タマネギ(大)……………………… 3個
■セロリ(太いもの) ………………… 1本 葉の部分は入れなくてもよい
■キャベツ(大)…………………… 1/2個
■トマト(大) ………………………… 3個 400gのホールトマト缶詰めでもよい
■ニンジン…………………………… 1本
■ピーマン…………………………… 1個
■水…………………………………2〜3L ミネラルウォーターか、1日置いて塩素を抜いたものが望ましい

だし

■かつお節……………………………10g
■鶏がらスープの素……………小さじ1杯
■コンブ…………………………………5g

味つけ

■ショウガ………………………………1片
■天然塩………………………………少々

引用元:gooヘルスケア

やはり体脂肪を落すトレーニングだけで痩せようとするより、食事と組み合わせが方が脂肪燃焼は効率が良いです。

脂肪燃焼運動で発汗してダイエット

性脂肪として貯蔵されるのは何かといえば、食事中の過剰な炭水化物やタンパク質。これが変換されて脂肪細胞の脂肪滴に貯蔵されるわけです。また過剰に摂取された脂肪は、いったん分解されて吸収され、脂肪に戻して貯蔵されます。

中性脂肪は、炭素、酸素および水素からなりますので、私たちが蓄えられた脂肪(つまり中性脂肪をエネルギー化したもの)を代謝すると、老廃物である水と二酸化炭素になります。二酸化炭素は、私たちが息を吐き出すときに放出されます。また水分、尿、汗や涙という体液として排出されます。

つまり「脂肪が減ると、それはどこに行くのか?」という問いに対する、著者らが求めた正しい回答は「二酸化炭素、体液」でした。

引用元:nikkei

汗で燃焼した脂質が排出されますので、汗をかくことはとても重要です。

脂肪が燃焼するときに、酸素を取り込み、水と二酸化炭素になります。

この工程で水は汗になり、二酸化炭素は呼吸によって体外に出るからです。

ダイエットには汗が不可欠ということになります。

脂肪燃焼運動/足と太ももの脂肪を落とすそて

脚だけの脂肪燃焼はなかなか難しいです。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は全身運動なので、なかなか足だけというわけにはいきません。

脚に皮下脂肪がつきやすいのは、足の筋肉がうまく使えていないからです。

筋肉は使わないと減っていき、体脂肪がつきやすくなります。

反対に筋肉が使われ、発達しているところに体脂肪はつきません。

つまり、足やふとももだけをの脂肪燃焼をしたい場合は、筋トレをすることです。

同様に下半身の脂肪を落としたいときは、筋トレで筋肉を増やすことが大事です。

脂肪燃焼運動/お腹痩せ

お腹の脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分けられます。

一般的にメタボと呼ばれるお腹は男性に多く、内臓脂肪が多いです。

内臓脂肪を減らすためには、ウォーキングやジョギングのダイエットがおすすめです。

その他には踏み台昇降運動も有効です。

女性に多い皮下脂肪を減らすためには、筋トレやマッサージなどがおすすめです。

マッサージはセルライト除去をするために行います。

セルライトが一度できると、なかなか解消されにくいので、マッサージによってやわらかくして排出しやすくしましょう。

脂肪燃焼運動の順番

脂肪燃焼を考えると有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)がどっちが先が良いかというと無酸素運動後に有酸素運動をするということです。

筋肉をしっかりつけ、余計な脂肪を落とした体を手に入れたい…そんな目標を持ってトレーニングされている方も多いのではないでしょうか。
筋肉量は落とさず脂肪量を落としたいときは「筋トレ→有酸素運動」の順番がおすすめです。筋トレで筋肉をつけると、基礎代謝が高まり、運動していないときにも脂肪分解を高める効果が期待できます。
このとき、有酸素運動を組み合わせることによって、脂肪燃焼効率の促進につながります。

引用元:グリコ

筋トレで基礎代謝を増やしたうえで有酸素運動で脂肪燃焼するという流れですね。

脂肪燃焼運動/消費カロリー

脂肪のカロリー は9kcal / g です。
体脂肪の約2割りは水分ですので、体脂肪1kg は9*0.8*1000=7200kcal に相当します。 1カ月で1kg の脂肪を減らすには、1日あたり240kcal ( 7200÷30 ) のエネルギーを多く消費するか、摂取を抑えることが必要です。

引用元:カシオ

例えば、体重1キログラムを減らすためには、240キロカロリー必要です。

脂肪は30グラム減らせたことにことなります。

消費カロリーは基礎代謝によって変わってきます。

筋肉量や年齢によってかわります。

脂肪燃焼系のサプリを飲めば、さらに効率よく脂肪を減らせます。

脂肪燃焼/運動なしで痩せるの?

有酸素運動なしでやせるためには、筋トレ(無酸素運動)、食事制限が必要です。

運動後のアフターバーン効果がない状態ですから、やはり脂肪燃焼サプリは必要になってくると思います。

とは、言っても運動なしで痩せるのはかなり厳しいと思いますので、特別な事情がない限りは有酸素運動と併用した方が良いですね。

 

脂肪燃焼の心拍数/効率よくダイエット

最大心拍数は年齢によって変わります。

年齢にあった目標心拍数を知っておきましょう。

引用元:エプソン

脂肪燃焼のためには、目標心拍数が40%~60%が最も期待でき、効率的です。

なんでも多ければ、良いというわけではありません。

心拍ゾーンを意識して脂肪燃焼効果の高い心拍数を運動時には意識してください。

最近のエアロバイクには、心拍数がわかるような装置があるので、それを参考にすると良いでしょう。

年齢ごとに目標心拍数を見ながら脂肪燃焼に取り組んでいくと良いです。

厳密にいえば心拍数と脈拍数は違いますが、こういう場合には同じように使っているように思います。

脂肪燃焼心拍数を計算してみた

脂肪燃焼のために有効な心拍数は、最大心拍数の40%~60%です。

年齢別に変わってくるので最適な数値を計算しておくと良いと思います。

脂肪燃焼が特に効果的な目標心拍数が60%で表を作りました。

年齢(歳) 最大心拍数 目標心拍数(60%)
60 167 100
55 170 102
50 173 104
45 177 106
40 180 108
35 183 110
30 187 112
25 190 114
20 194 116

年齢ともに最大心拍数は減っていきます。

たとえば40際の最大心拍数は180なので目標心拍数は108になります。

効率的に脂肪燃焼するために心拍数を測定できる機器も導入したいです。

合わせて脂肪燃焼サプリも併用するとより脂肪は燃えてダイエットできます。

 

 - , , ,