脂肪燃焼サプリ最強ランキング

脂肪燃焼サプリの最強ランキングはコレ!運動前の効果的な飲み方と市販の脂肪燃焼サプリとの比較。

【脂肪燃焼サプリの安全性】副作用のないダイエットサプリ

脂肪燃焼サプリの安全性/副作用のないダイエットサプリ

ダイエットサプリのトラブル

ダイエットサプリは、海外のものですと激やせする代わりに副作用が強いものが多数あります。

脂肪燃焼サプリのシボヘールは国内で安全性が認められた食品原料のみを使用し、GMP製造所として認定された国内トップレベルの工場で製造しています。

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、医薬品や医療用具、食品などの製造管理及び品質管理に関する基準のことです。 工場の製造設備、原料の保管、製造工程、品質検査、衛生管理など、原料が入庫されてから製品として出荷されるまでの一連の工程が、一定の基準を満たしていることが求められます。

もともと米国で導入された基準ですが、日本では1974年に厚生省薬務局長通知として医薬品に関するGMPが作成され、1980年に厚生省令として公布されました。

引用元:https://www.elite-network.co.jp/dictionary/gmp.html

本来は医薬品のためのGMPでしたが、日本では脂肪燃焼サプリなどの健康食品にも適用する企業が増えてきました。

シボヘールの製造工場は、GMPの認定を受けることで人的なミスをなくし、製品の汚染やな品質を保っているということになります。

ダイエットサプリの危険!海外性は健康被害

ダイエットサプリは、海外の方が用量が多く、また、日本では認可されていない成分も使われています。

サプリメント大国のアメリカからしたら、日本のサプリはお菓子という表現がされます。

また、原材料が農薬だらけだったり、日本とはずいぶん状況が違います。

やはり、安心安全で信用度が高い日本産を選ぶべきだと思います。

ダイエットサプリの添加物

海外のダイエットサプリには、日本の法律が及ばないので、心配ですが、日本の場合は添加物に関してかなり厳しい基準があります。

日本ではサプリメントは食品扱いなので、食品添加物が入っていることが多いです。

ず~っと遠いとおい昔から、人々は食べ物の保存や加工にいろいろ工夫をしていたんだって。

たとえば、お肉やお魚を“くんせい”にしたり、“塩づけ”にしたりして、長持ちさせる。

これはホントにビッグアイデアじゃないかしら。

それから、植物の実や葉や花を使って、色や香りをつけたり…。

ごはんを黄色くするサフランや、梅干しに入れるしその葉なんかも、昔から使われてきました。

こんなふうに、食べ物を作ったり、加工したり、保存するときに使う調味料、保存料、着色料などを、まとめて食品添加物といいます。

つまり、テンカちゃんは、昔からみんなに愛されていたんだよね。

もちろん、食品添加物は、安全と認められたものしか使ってはいけないようになっているんだよ。

引用元:日本食品添加物協会

無添加やオーガニックという言葉だけが先行し、実は、独自基準の添加物がたっぷり入っていたなんて話も少なくありません。

また、添加物=害があるものと決めつけるのも良くないと思います。

古来から保存料として使われている塩も添加物なのですが、これも害があると言えるのでしょうか?

着色だって、自然の素材を使っているものもあります。

日本の安全基準で認められたものだけが流通してるのですし、万一、その基準を超えた場合は、営業停止になったり、最悪の場合は、健康食品の会社が倒産することもあります。

不正を行えば、SNSでまたたく間に拡散される世の中ですから、そんなリスクを負うことなく、しっかり守っている健康食品会社がほとんどです。

特にシボヘールの販売元の株式会社ハーブ健康本舗はGMP工場を保有しているので第三者機関にしっかり検査をしてもらっているので安心です。

ダイエットサプリの年齢制限

ダイエットサプリに年齢制限はありません。

あくまで日本のサプリメントは、食品です。

ただし、大人しか食べてはいけないようなものが原料の場合は、子供はNGです。

ダイエットサプリ/中学生

ダイエットサプリは中学生でも飲めます。

最近の中学生はスタイルを気にしすぎて、ダイエットをする人も多いようですが、成長期にダイエットをするのは少し考えたいですね。

ダイエットによって、本来、この時期だけの成長に必要な栄養素が不足してしまう恐れがあります。

SNS時代で顔や全身を晒すことに抵抗がない世代なので当然のことかもしれませんが。

脂肪燃焼サプリ/高校生

脂肪燃焼サプリを利用する高校生が増えているようです。

異性の目が気になりますから、過度なダイエットに走っていく子も少なくありません。

しかし、高校生の代謝は大人に比べると非常に良いので、代謝が悪くて太ってしまうという事はほとんどありません。

太る原因は他にあるので、原因を突き止める方が先決だと思い時ます。

 

 

脂肪燃焼サプリ副作用/原料の効果

ダイエットサプリによって減量できても、副作用があっては意味がありません。

ダイエットサプリの健康被害

2000~2006年頃にかけて、中国製のダイエット用サプリメントと健康食品による健康被害が続出した。健康被害事例の半数以上の原因となったのは体重増加抑制作用を有するN−ニトロソフェンフルラミン等を含む3製品のカプセル状のサプリメントだ。3製品による健康被害は425人におよび、東京都、岩手県、埼玉県で各1人、合計3人が肝機能に障害を受ける健康被害により死に至った。

引用元:東洋経済

日本産ではこのようなことはほとんどないのですが、中国製のダイエットサプリメントで死亡した事例もあります。

ただし、これはサプリメントではなく、未承認医薬品という事を知っておいてほしいです。

海外のダイエットサプリは効果が高い分、健康被害にも大きなものになっています。

日本製だったらこんなことにはならないはずです。

脂肪燃焼サプリの副作用で下痢になった

脂肪燃焼サプリは、脂肪を分解するのでその過程でまれに下痢をする方もいます。

個人差が大きいのですが、そのような場合は、すぐに使用をやめてください。

ダイエットサプリの副作用で生理不順になった

ダイエットサプリを飲むことによって生理不順になることがあります。

これは、必要な栄養素が不足してる副作用です。

ダイエットをする人は、栄養不足になります。

本来食事で得るはずの例えばビタミンB群などが著しく少なくなったために起こってしまう副作用です。

ダイエットサプリの副作用で生理が遅れる

ダイエットを過剰にすると整理が遅れるという事があります。

酷い場合は、無月経になってしまう副作用になることもあります。

過度な食事制限は、女性にとって必要な栄養素も摂取しないようになってしまいます。

最悪な場合は、全く食べないという人は、脂肪を燃やすための栄養素も不足しているので絶対にやめた方が良いです。

ダイエットサプリの副作用で生理がこない

ダイエットサプリの副作用というより、過度な食事制限が問題で生理が来なくなる人もいます。

単に食事をとらないでカロリーを下げるだけでは、生理不順を引き起こし、やがて生理が止まる高校生になってしまうこともあります。

ビタミンやミネラルなど必要な栄養素は、ダイエット中でもしっかりとりましょう。

ダイエットサプリの副作用で吐き気

ダイエットサプリを飲んで吐き気を感じてしまう人がいます。

そういう副作用がある人は、飲んではいけないので、すぐに辞めましょう。

絶対痩せる、医者が飲む・・・なんて広告につられていませんか?あくまでダイエットサプリは運動と食事制限を併用してのものです。

あくまでダイエットを促進する程度です。

ダイエットサプリの副作用で貧血になった

ダイエットサプリで貧血になることはまずありません。

副作用ではなく、おそらく過度な食事制限で鉄分が足りなくなったからだと思います。

カロリーは減らしても鉄分などのミネラルまで取らなくなっては、貧血症状になります。

ただし、鉄分だけとっても実は貧血になることはあります。

葉酸とビタミンB6、ビタミンB12も必ず摂取してください。

ダイエットサプリの副作用で不妊になった

ダイエットサプリの摂取の副作用が問題ではなく、単に妊娠に必要な栄養素が足りなくなっただけだと思います。

ビタミンやミネラルは、ダイエット中でも必ず摂取してください。

ダイエットしすぎで不妊になる事もありますので、妊活中は必要な栄養素はしっかりとりましょう。

不妊治療で現在悩んでいる人は、若いころの過去のダイエットで無茶をしたという人もいます。

何事もストイックになり過ぎないようにしましょう。

ダイエットサプリの副作用で蕁麻疹

ダイエットサプリの副作用で蕁麻疹になるようでしたら、今すぐやめてください。

ただし、ダイエットサプリの副作用というより、ストレスや飲んでいる薬などの影響もあるかもしれません。

日本ではサプリメントは食品なので、蕁麻疹になる可能性は低い気がしています。

ダイエットサプリの副作用で便秘になる

ダイエットサプリの副作用でまれに便秘になる人がします。

便秘になるのは、食物繊維などの必要な栄養素が足りないからです。

特にもともと便秘がちの人は、ダイエットをするとさらに便秘が加速することがありますので何らかの対策をしましょう。

脂肪燃焼サプリの授乳中で飲める

脂肪燃焼サプリを授乳中に飲みたがる人がいます。

産後太りを気にしてなのでしょうけど、赤ちゃんに授乳してる状態では、過度なダイエットは大敵です。

赤ちゃんに母乳を通して、栄養をあげているので通常より栄養が必要になります。

母親のダイエットによって赤ちゃんに必要な栄養素が足りなくなったら、成長に深刻な影響を及ぼすかもしれません。

ダイエットサプリで太る理由

ダイエットサプリで太る理由は、3つあります。

1つ目は、ダイエットサプリを頼りにしすぎて食事制限や運動を怠る事です。

2つ目は、過剰摂取により体調が悪くなり、代謝が落ちるという事です。

3つ目は、過度なダイエットは痩せるためのビタミンB群の摂取が足りないという事です。

脂肪燃焼は疲れる?

脂肪燃焼するためには、運動が不可欠です。

運動すると疲れてしまうから、あまりしたくない人もいるかと思います。

しかし、脂肪燃焼のための運動は有酸素運動です。

脂肪燃焼のメカニズム上、激しい運動は必要ないので、ご安心ください。

脂肪燃焼サプリの副作用で胸が痩せる

脂肪燃焼サプリで胸が痩せると言っている人がいます。

たしかに胸も脂肪ですので、脂肪燃焼系のサプリを飲むことで痩せる可能性があります。

どれくらい痩せるかは個人差がありますので、なんとも言えませんが。

ダイエットで胸が小さくなる対策は、胸筋を鍛えることです。

ウエイトトレーニングやベンチプレス、ローイングといったエクサイズが有効です。

胸筋が発達することでバストアップになり、胸がおおきくなったようにみえます。

また、豆乳がバストアップに効果があったというダイエットブログもありましたのでぜひお試しください。

ダイエットサプリ/栄養不足になって痩せない

本来、糖質や脂質などの栄養素をとると、細胞内のミトコンドリアという部分でATPというエネルギーが作られる。このエネルギー産生が十分なら、栄養をとっても活動エネルギーに変えられるが、ここが滞るとエネルギーに変えられずに、余分なカロリーが脂肪として蓄えられてしまう。

引用元:nikkei

ダイエットサプリで栄養不足になると痩せません。

例えば、代謝に必要な鉄分やビタミンB群が足りなくなると代謝が低下して痩せにくくなります。

特に30代や40代の女性はダイエットを特にしていない状態で鉄分が不足しています。

ダイエットをして代謝を高めたい人は余計に意識して鉄分を取らないとなりませんね。

どうしても食事でとれない場合は、ビタミンサプリをとるのも良いと思います。

ダイエットサプリの影響と副作用

ダイエットサプリの影響で、副作用といて肝臓や腎臓が悪影響を及ぶことがあります。

他にもかゆみもあります。

ほとんどがダイエットサプリの飲みすぎですので、脂肪燃焼サプリは用量用法をまもってご利用ください。

 

脂肪燃焼の停滞期の乗り越え方

脂肪燃焼には、個人差はあるものの停滞期があります。

ダイエットを始めたときのように、体重の変化はありませんが、脂肪はしっかり減っています。

停滞期になると体重が落ちない原因は水分です。

カロリーが不足した状態が続くと人間は、水分を蓄えようとします。

いくら脂肪が減っても、それと同等かそれ以上の水分が蓄えられれば、体重は減りません。

つまり体重が減っていないからといってダイエットに失敗しているわけではりありません。

むしろ停滞期になったらダイエットは成功しているのです。

脂肪燃焼に糖質は必要な理由

体脂肪を燃焼するためには、ある程度は糖質が重要です。

過度な糖質制限ダイエットは気を付けましょう。

広義の糖質制限食は一日の糖質摂取量が130g以下(一食40g以下)としています。

引用元:よしまさ内科クリニック

糖質1日何グラム必要かというと糖質制限であっても0グラムではだめという事です。

あまりに過度な糖質制限は、足りなくなった等を筋肉を分解して作り出そうとします。

筋肉が減ってしまうのでは、相対的に脂肪が多くなるという事ですから、ダイエットとしては失敗です。

脂肪燃焼の1日の限界は?

内臓脂肪を1 kg 減少させるためには運動によるエネルギー消費量の増加と食事改善によ るエネルギー摂取量の減少を合わせて約 7,000kcal が必要となります。

引用元:厚生労働省

成人男性の必要なエネルギーは2500Kcal前後です。

例えば体重60kgの人の場合は、フルマラソンをしても2500kcalと言われています。

7000kcaを減らすためには、必要なエネルギーとフルマラソンを合わせても5000kcalですので、もう1回フルマラソンをする必要があります。

これでようやく7000kcalです。

1日の限界などを考えずに、無理のない食事制限、有酸素運動、脂肪燃焼サプリでダイエットしていきましょう。

 - , , ,