脂肪燃焼サプリ最強ランキング

脂肪燃焼サプリの最強ランキングはコレ!運動前の効果的な飲み方と市販の脂肪燃焼サプリとの比較。

【脂肪燃焼サプリの飲むタイミング】効果的な飲み方

脂肪燃焼運動のタイミング/ダイエット

脂肪燃焼運動のタイミングは脂肪燃焼の時間帯を知る必要があります。

脂肪燃焼は有酸素運動を続けて20分後ぐらい

引用元:https://www.kenkoujin.jp/kensin/web-toyota/exercise/e-yusanso.html

上のグラフのように脂肪は有酸素運動を続けて20分後ぐらいから燃えていきます。

運動開始から20分間は糖質が主に消費され、20分後ぐらいから効果的な時間帯として脂肪が消費されていきます。

ダイエットの運動時間は軽い運動を続けることが大切なのですが、有酸素運動をやめても急に脂肪が燃えなくなるわけでありません。

ダイエット運動効果時間があります。

運動だけなく、筋トレや脂肪燃焼サプリを併用さるとさらに痩せやすい体質になります。

脂肪燃焼サプリ運動前が最強

脂肪燃焼サプリは運動前に飲んだ方が良いです。

体脂肪を落とす運動や体脂肪を落とすトレーニングをはじめるとおよそ20分程度で脂肪が燃焼し始めます。

厳密には運動を始めて、すぐに脂肪が燃えていますが消費が少ない状態です。

この脂肪燃焼が活発な時間に脂肪燃焼サプリが効果を発揮できると最強のダイエットになります。

もちろん、脂肪燃焼サプリだけでは、なかなか体脂肪を落とすことができないので、ある程度は食べ物の制限や筋トレを組み合わせるとよいでしょう。

男性の場合は、いわゆるメタボ体質で内臓脂肪が付きやすい傾向にあります。

内臓脂肪は、脂肪を分解する必要があるので、一度ついた脂肪はなかなか落とせません。

一方女性は、皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。

皮下脂肪は比較的、ランニングなどの運動や有酸素運動や筋トレで十分に落とせます。

運動前の脂肪燃焼サプリとしてマツキヨなどの薬局で売れています。

運動前のストレッチで脂肪燃焼を促進

運動前のストレッチが脂肪燃焼を促進させる理由は、ストレッチをすることで筋肉を温めることができるからです。

特に女性に多いのが冷え性です。

冷え性の人は、有酸素運動の前に筋肉を温めることでけがをしにくくなります。

しかし、正しいストレッチをしないと逆効果になることもありますので、動画を参考にしてください。

脂肪燃焼サプリ運動中

有酸素運動中の脂肪燃焼サプリは組み合わせるとより効果があります。

脂肪燃焼サプリだけでダイエットできる思わないでください。

あくまで脂肪燃焼サプリは、運動やバランスの良い食事あってのダイエットサプリです。

脂肪燃焼サプリ運動後

有酸素運動後に脂肪燃焼サプリはあまり効果がありません。

脂肪燃焼のメカニズム的に、飲まないよりはマシですが。

脂肪燃焼は、運動後20分~という時間なのでやはり運動前に脂肪燃焼サプリを飲んだ方が効果的です。

脂肪燃焼/運動後の入浴

運動後の入浴は30分以上控えた方が良いです。

有酸素運動を20分~30分程度した場合は、運動後も脂肪がしっかり燃えています。

その運動後の燃えている時間はつづくと言われていて、その時間にお風呂やシャワーで冷やすのは非常にもったいないです。

とくに冷水シャワーや水風呂などは、脂肪燃焼を一気に終了させてしまうので絶対におやめください。

有酸素運動をして、汗をたっぷり書いたら、気分的にはすぐに汗を流すために入浴したいとは思いますが、そこは我慢です。

運動後も脂肪燃焼が持続する理由

運動後も脂肪が燃焼するのは、脂肪分解酵素のリパーゼのおかげです。

リパーゼはリポタンパクリパーゼとホルモン感受性リパーゼの2種類があります。

運動後に働くリパーゼは、ホルモン感受性リパーゼであると言われています。

運動後の脂肪燃焼時間

運動後の脂肪燃焼は30分間と言われています。

その理由は、リパーゼという体脂肪を分解させる酵素の働きは、運動後働き、その時間が30分間であるからと言われています。

 

 

脂肪燃焼の食事タイミング/ダイエット中

「脂肪燃焼」と聞くと、「体に蓄えられた皮下脂肪を燃やす」と思っている人が多いと言われます。しかし、まず体は一番に食事として食べた「脂肪」を燃やしエネルギーに変換します。
そして、エネルギー源として燃やされなかった脂肪が皮下脂肪・内臓脂肪となり蓄積されるのです。

引用元:http://www.l-carnitine.jp/carnipure_land/intake/how_to.html

体脂肪というのは、エネルギーとして燃やされなかった余分な脂肪です。

その余分な脂肪が体脂肪に変えるために、脂肪燃焼サプリで吸収させないようにするのがダイエットの近道です。

シボヘールに含まれている葛の花由来イソフラボンは、脂肪の合成を抑制することで摂り過ぎた脂肪を定着させないようにします。

筋トレもジムでもとにかく食事→運動の順番です。

運動後にお腹がすいたからと言って食事をしては逆効果になりかねませんのでご注意を。

脂肪燃焼の運動前の食事の摂取について

脂肪燃焼するために、運動前の食事の摂取が重要です。

食事をすると血糖値があがります。

とくに血糖値が急激に上昇すると、すい臓から分泌されるインシュリンの働きで、血液中の糖分を細胞根へ取り込もうとします。

この働きが体脂肪を増やしてしまうのです。

つまり、血糖値を急激にあげないようにする食材をとることが重要とも言えます。

下の表はブドウ糖を100としたときに、数値が低いものほど糖の吸収が緩やかなものを表にしたものです。

100 ブドウ糖
90~100 食パン、ベークドポテト、チョコレート
80~90 白米、ロールパン、じゃがいも、うどん、人参
70~80 赤飯、コーンフレーク、とうもろこし
60~70 パスタ、かぼちゃ、アイスクリーム、バナナ
50~60 玄米、ライ麦パン、そば、さつまいも
40~50 うずら豆、グリーンピース、煮豆、肉類
30~40 トマト、ヨーグルト、りんご
20~30 大豆、ブラックチョコレート、牛乳、バター
10~20 緑黄色野菜、きのこ、海藻

引用元:オールアバウト

血糖値の急上昇を抑えるためには、炭水化物だけでなく、食物繊維やたんぱく質、脂肪なども一緒にとると良いです。

脂肪燃焼のための運動前の飲み物ランキング1位

明治 ヴァームウォーター グレープフルーツ

トレハロース、食塩、香料、アミノ酸(プロリン、リジン、グリシン、チロシン、スレオニン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、アルギニン、イソロイシン、アラニン、グルタミン酸、トリプトファン、ヒスチジン、セリン、メチオニン、アスパラギン酸Na)、酸味料、塩化K、クエン酸Ca、塩化Mg、甘味料(スクラロース、ステビア)

脂肪燃焼の飲み物でランキング1位と言えば、ヴァームだと思います。

知名度も高いですし、実際に売れています。

しかし、ヴァームの欠点は飲みやすいように結構な量の糖分が入っているんです。

せっかく脂肪燃焼のためのドリンクであってもこの部分はあまり、おすすめできません。

運動前のカフェインで脂肪燃焼

運動前にコーヒーなどのカフェインで脂肪燃焼ができます。

カフェインとは、コーヒー1杯当たり60~100mgほど含まれる苦み物質。脳の活動を活性化したり、疲労感を程よく抑える作用がある。

鈴木教授は人を対象に「白湯を飲んで運動」「コーヒーを飲んで運動」「コーヒーを飲んで立位姿勢保持」の3通りで試験を行った。運動は、1杯の白湯あるいはコーヒーを飲んだ1時間後に30分間のランニング(中等度強度のトレッドミル走)を行った。

その結果、「コーヒーを飲んだ1時間後には交感神経が優位になり、エネルギーとして活用されやすい形である血中遊離脂肪酸が増えた。また脂肪が燃えていることを示す指標(呼吸商)が、5時間持続することも分かった」と鈴木教授は説明する。コーヒーを飲んで起立しただけの状態でもエネルギー代謝は高まったが「運動を行うと、その効果はさらに高くなり、持続した」(下グラフ)。

引用元:nikkei

だいたいコーヒーを飲んで30分ぐらいで脂肪燃焼の促進の効果を示すようです。

動物実験でもわかるように、カフェインを摂取すると脂肪が燃えやすく見えますが、実際は、運動をしないとあまりダイエット効果は期待できません。

カフェインによってあくまで脂肪が分解されただけなので、筋肉で使われないと元の中性脂肪に戻ってしまいますので、注意が必要です。

脂肪燃焼ドリンク運動中の飲み物

運動中に飲んだら良いとされるドリンクはスポーツドリンクです。

スポーツドリンクはアミノ酸が豊富で、素早くビタミンやミネラルを摂取できるのですが、半面、糖質が多くダイエットには不向きです。

運動前にしっかりと食事をとって、運動中は水のみにした方が良いと思います。

脂肪燃焼運動の後の食事

脂肪燃焼運動後の食事はできるだけ避けましょう。

せっかく燃えた脂肪をまた吸収してしまうことになります。

エネルギーとして燃えたカロリー以外は、体脂肪になってしまいます。

せっかく燃えた脂肪がまた増えてしまいますので、もったいないですよ。

運動後の脂肪燃焼の飲み物

運動後に水分補給をするのは当然です。

脱水症状になってしまいますから。

でも、スポーツドリンクは糖分が多いのであまりお勧めできません。

疲労回復としても必要なアミノ酸が含まれていますから。

そこでスポーツドリンクより糖分の少ない牛乳をおすすめします。

牛乳には、BCAAを多く含みます。

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシンとう3つのアミノ酸の総称で、筋肉作りに大切なアミノ酸です。

コーヒーダイエットの脂肪燃焼タイミング

コーヒーなどのカフェインは脂肪を分解する役割があります。

コーヒーダイエットと言われるほどです。

脂肪を分解するだけなので、燃やすことはできません。

運動と組み合わせることでカフェインによって分解された脂肪が燃えます。

つまり運動後にコーヒーを飲んでもほとんど意味がないという事です。

ダイエット目的ならカフェインの摂取は運動後はやめましょう。

脂肪燃焼を阻害するアルコール

アルコールは血糖値を下げる効果もあるのですが、アルコールは脂肪燃焼を阻害します。

ダイエットしたい方には向いてません。

アルコールは血糖値を下げる効果もあるのですが、

脂肪燃焼のお茶

体脂肪減らすお茶ランキング1位に挙げられるのは、楽天では、サントリーの伊右衛門特茶でした。

内臓脂肪を落とすというのはちょっと信じられませんが、調べたらトクホでした。

伊右衛門特茶には、ケルセチン配糖体が豊富に含まれているのが特徴です。

ケルセチン配糖体は蓄積された内脂肪を落とす効果があるとのことでした。

サントリーのデータによると8週間の引用で脂肪面積が減少した結果が出ています。

脂肪燃焼と睡眠ダイエット

睡眠している間も脂肪は燃焼されているのでダイエット効果があります。

睡眠は体を休める行為であることは間違いないのですが、正しく眠るだけでも実は痩せることが可能です。

寝ている間にも脂肪燃焼しているということになります。

以前は睡眠時の代謝量は基礎代謝よりも低いといわれていましたが、最近では同程度であることが分かっています。
毎日規則正しく睡眠をとるだけで、300kcal程度の消費カロリーに相当※するのです。

※22才女性で体重50キロの場合

この睡眠時代謝量を増やし、さらに睡眠時に活発に分泌されるホルモンをうまく活用することで、効果的なダイエットができるといわれています。

引用元:+healtncare

睡眠中には、脂肪燃焼分解用のホルモンが分泌されます。

しっかり眠ると1日当たり300kcalの脂肪を消費すると言われています。

寝不足の人は、1日あたり210kcalなどになり、しっかり寝ている人と比べるとおよそ100kcalほど違ってきます。

寝る前に飲むだけで痩せると言われる「ノンファットタイム」というダイエットサプリが評判になっていましたが、実際に使ったわけではないのでコメントはしません。

サプリの真偽は別として、寝ている間もある程度は脂肪燃焼しているので、十分な睡眠はとった方が良いです。

脂肪燃焼の睡眠時間は最低7時間以上

「成長ホルモンには、体内に蓄積された脂肪を分解する働きがあります。しかし、睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりすると、成長ホルモンの分泌量が落ちる。すると、脂肪が体にどんどん蓄積します。これが睡眠とダイエットが関係する理由です」と左藤さんは語る。

引用元:nikkei

脂肪燃焼のための睡眠時間はトータルで最低7時間は必要だと言われています。

7時間は1日のトータル時間なので、仮眠なども全て合計してかまいません。

とは言っても良質な睡眠という意味ではやはり連続で8時間の方が良いです。

良質な睡眠によって始めて成長ホルモンが分泌され、体脂肪が燃えることができるのです。

アメリカの研究で「睡眠時間が少ない人ほど太りやすい」というデータもあります。その研究によると、睡眠時間が4時間以下の方は7~9時間の方に比べて、なんと73%も肥満になりやすいそうです。

睡眠が足りないことで食べたいという欲求が高まる食欲亢進ホルモンの「グレリン」が増加し、食欲抑制ホルモンの「レプチン」が減少します。つまり睡眠不足の方は、暴飲暴食につながりやすいのです。

食事カウンセリングをしていても睡眠時間が短い方は夜遅くまで起きている間にポテトチップスや揚げ物などの油っぽいものや、アイスクリームやお菓子などの甘いものが無性に食べたくなるという方が多いのも現実です。「最近、油っこいものが無性に食べたくなる!」と感じたら睡眠不足のサインかもしれません。睡眠不足が続くと疲労が溜まり、日中の活動量が減るのでこれまた太りやすくなります。

引用元:DIAMOND

睡眠不足だと食欲が高まってしまうというデータもありました。

暴飲暴食の方は、もしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠不足の方は、寝ている間に脂肪燃焼が十分にされず、食欲が強くなってしまうので太りやすい傾向にあるのは間違いないと思います。

脂肪燃焼するためには睡眠前の空腹の2時間が必要

胃に食べ物が滞留した状態は、体脂肪をエネルギーに変えるのではなく、摂取した食べ物を体脂肪に変えるという方向に働いてしまいます。
グリコーゲンが少ない空腹の状態でハードな運動をすると脂肪が燃える一方で、大切な筋肉も分解に向かってしまいます。ですから、睡眠時という安静状態での空腹が、脂肪を優先的に利用する絶好の機会といえます。
実際は、その日の最後の食事から就寝までの間に2時間ほどの時間を作ってから眠るといいでしょう。空腹にするための2時間です。

引用元:グリコ

睡眠中もエネルギーは消費され、脂肪は燃焼されています。

起きているときに比べたら脂肪燃焼の量は少ないのですが、7時間~8時間という睡眠時間を考えたら無駄にできない脂肪燃焼の時間になります。

睡眠時に脂肪燃焼の効率を少しでも高めるためには寝る前の2時間は空腹にするという事です。

食後は体脂肪をエネルギーに変える働きではなく、摂取した食べ物を脂肪に変える動きをしていますので、そのまま寝てしまうと脂肪があまり燃えません。

寝ている間も食べ物を脂肪に変える動きがメインになってしまいます。

ですから最低、睡眠前は食事をしてから2時間はあけるようにしてください。

睡眠は脂肪燃焼だけでなく、美肌や健康にも影響があるので十分な睡眠時間を確保したいものですね。

 

 

脂肪燃焼に岩盤浴はダイエットにオススメ?

岩盤浴ダイエットは、短期間で体重を落とすようなダイエット方法ではありません。

冷え性やむくみなど、太りやすい体質を痩せやすい体質に変えていくという長期目線のダイエット方法なのです。

基本は、寝ているだけで発汗作用があるだけで、有酸素運動や食事制限に比べたらあまり効果は期待できません。

あくまで体質改善ですから、1回や2回ではダイエットにはならないでしょう。

岩盤浴に脂肪燃焼の効果はない

残念ながらいくら汗をかいても岩盤浴に脂肪燃焼効果はありません。

岩盤浴だけで脂肪燃焼がおきるということはまずありません。

岩盤浴をすると代謝が少し良くなることはあっても、効果は限定的です。

ダイエットブログなどで、岩盤浴で痩せた人は、単にむくみがとれたなどのデトックス効果だけという可能性もあります。

それも毎日のように通ってやっと・・・という感じです。

 - , , ,